ヘルプ

配信に最適な動画の作り方や変換方法はどんなのがあるの?

  • ストリーミング
  • HOWTO
  • 配信に最適な動画の作り方や変換方法はどんなのがあるの?


動画の解像度とは、動画の画素数を指し、動画の縦と横のピクセル数で表現されます。
たとえば、よく使われるHDは画素数が「1280×720」、フルハイビジョンと呼ばれるフルHDの画素数は「1980×1080」です。
この画素数が大きければ大きいほど、解像度が高く、画素数が小さければ小さいほど、解像度は低くなります。

おすすめの解像度はフルHDの「1980×1080」=1080p
 

MP4は、高い圧縮率を持ち、比較的小さなファイルサイズで高画質な映像を保存でき、ストリーミングサービスや動画編集ソフトなど幅広いデバイスに対応しており、最新の機器やプログラムへの互換性を確保しています。
また、圧縮後の動画品質も他のファイル形式と比べて高く、圧縮した際の画質の低下をできる限り防ぎたい場合におすすめです。
MP4 はYouTube、Facebook、Twitter、Instagram の投稿に向いているファイル形式です。
H264はビットレートが低く、圧縮率が高いため、ストリーミングやオンラインビデオ配信などの用途に適しています

フルHDに最適なビットレートは5Mbps~8Mbpsくらいです。


解像度が高かいと動画の容量が増えたり、ビットレートが低いほど画質と音質は悪くなります。

※動画サイズが大きいと容量や月転送量にも関係してきますので注意しながら、配信に最適な動画を作りましょう。


いろんな動画変換をするソフトがありますので活用してみましょう!
 
  1. Freemake Video Converter (Windows):
Freemake Video Converterは、多数の形式に対応し、簡単に動画ファイルを変換できる無料のツールです。直感的なインターフェースで初心者にも扱いやすいですが、無料版ではロゴが動画に追加される点に注意が必要です。

 
  1. HandBrake (Windows, Mac):
HandBrakeはオープンソースで無料の動画変換ツールです。DVDやBlu-rayの映像を含む様々な形式の動画を変換することができます。高度なエンコーディングオプションを提供しており、ある程度の知識があるユーザー向けです。

 
  1. Any Video Converter (Windows, Mac):
Any Video Converterは多機能な動画変換ソフトウェアで、ほとんどの動画形式に対応しています。ユーザーフレンドリーなインターフェースと高速変換機能を備えており、基本版は無料で利用できます。プロ版にはより多くの機能が含まれています。

 
  1. Adobe Premiere Pro (Windows, Mac):
Adobe Premiere Proはプロフェッショナル向けの動画編集ソフトウェアであり、動画変換機能も備えています。高度な編集機能を求めるプロユーザーに適していますが、サブスクリプションベースのため費用がかかります。
これらのソフトウェアはそれぞれ異なる特徴を持っていますので、ニーズに合わせて選択しましょう。動画変換にはファイル形式、解像度、ビットレートなどさまざまな要素を考慮する必要があります。使用前にこれらの要素を確認し、最適な設定で変換を行うことが重要です。