取説 一覧 / ライブ配信の方法(OBSスタジオ)

ライブ配信の方法(OBSスタジオ)

OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフトです。

ダウンロードはこちら
https://obsproject.com/ja/download

ソフトを起動します

ソースを追加する

WEBカメラ等を追加

・「映像キャプチャデバイス」を選択
・新規作成で「OK」を押す
・デバイスは写したいデバイスを選択し「OK」を押す

デスクトップ画面を追加

・「画面キャプチャ」を選択
・新規作成で「OK」を押す
・ディスプレイ番号を選択し「OK」を押す
※macの場合画面キャプチャの許可を必要とする場合がありますので、その際はシステム環境設定のセキュリティパネルで「OBS」を許可してください。

レイアウト

ソースを追加したら追加したソースをレイアウトしましょう

好きな場所、大きさでソースを配置することができますので、マウス等で調節してください。

配信先の設定

・画面の「設定」へ進み「配信」を選択

・サービスは「カスタム」を選択


・PIPPAsac管理画面の「ライブイベント一覧」から「配信準備」を押す



・移動したページへイベント毎のサーバー接続先等が記載されておりますので、コピーしてOBS設定項目部分へペースト

・「出力」パネルに進み各種設定を行う

出力モード 基本
映像ビットレート 2000kbps
エンコーダー ソフトウェア(x264) 環境に合わせてください。
音声ビットレート 128
 

・「映像」に進み各種設定を行う

基本解像度 1280x720(推奨)
出力 1280x720(推奨)
FPS 30


これですべての設定が完了しましたので「配信開始」を押して配信スタートです